~見る人をちょっぴりシアワセにする~hoom1346の写真日記 

写真を眺めることでほんの少しだけど、ホッと癒されたり、元気になれる。「見る人をちょっぴりシアワセにする写真」そんな写真が撮れたらいいな。。。そんなことを想いながら撮影しています。撮影しながら思ったこと、感じたことをブログに綴ります。

オシャレ画像

無力感と孤独感

稲と空 無力感と孤独感 物事をいい方向に向かわせたい お互いにとっていい状況をつくりたい 今よりは少しでも良いものを そう思うと必ず ぶち当たる壁がある 私の中にある無力感 私の中にある孤独感 私にはそんな力はない 私は一人で戦っている。 明らかに上…

静かな村

星野村 静かな村 時々通りかかる車の音 子供たちがはしゃぐ声 空調の室外機の音 そんな音が やけに耳につく 人の気配がないから 静かなのではなく 人の気配はというか 人は少ないけれど確かに 目の前にいるし 田んぼも家もあるのに とっても静かだ。。。 TV…

つながっていく悲しみ

木々 つながっていく悲しみ 昨日のブログで 相手の真剣で深刻な気持ちを 分かっていても 相手にしたくないがために 茶化して笑ってごまかす人たちもいる。 と書いたけど その人たちに対して 結局、問題を解決するのが面倒だから うやむやにしたいんだな。。…

笑ってごまかさない

ランタナとアゲハ蝶 笑ってごまかす 私はいろいろと 笑ってごまかすことが多いと思う。 特に他人、親しくない間柄や 職場の人なんかは むやみに関係を悪化させたくないので 少々、イヤなこと ばつの悪いことなんかは 本当なら笑えないと思っていても 無意識…

悪態をつきながら。。。

野草 悪態をつきながら。。。 今日は連休明けで いつも以上に忙しかった。。。 忙しいからというわけでもないのだけど 今日は一日悪態をつきながら仕事をした 朝から機嫌が悪かったし。。。 と言っても 悪態を口から出したわけじゃない そんなことしたら か…

ふきでもの

きのこ ふきでもの 乙女である私を ここ数年悩ませているもの それは 顔に1つ2つできる吹き出物 若い頃は乾燥肌だったので ニキビに悩まされることはなかった 大人になって おそらくホルモンバランスの関係で 吹き出物ができ始めた。 そしてそれがわりと大き…

キレイだね。。だけでいい

雨のしずくと桔梗のつぼみ キレイだね。。だけでいい おなじ景色を見ていても 私とあなたとでは 思う事も感じることも違う あなたも私も 美しいと感じているけど どんな風に美しいのかは それぞれ違う もしかしたら 全く違うかもしれない それでも 同じ景色…

もしも。。。

9月のススキ もしも。。。 もしもお金の心配も 世間の目も 不安も心配も コンプレックスもない 何の制約もない世界だとしたら 私は何をするだろう 世界中のきれいな景色が見てみたい 好きなだけ寝ていたい 美味しいものを食べたい もっと写真が撮りたい 好き…

人間も植物もおなじ

葛の花 人間も植物もおなじ 今まで全く興味がなく 興味を持つことで 初めて知ることがたくさんある 葛の花 初めて知った。 知ってみると 田舎暮らしの私の身の回りでは ちょこちょこ見かける花 葛の根は 葛根湯や葛湯でもおなじみ 花もイソフラボンとやらが …

突然変わる季節

彼岸花 突然変わる季節 つい先週の今頃は いつまで夏は続くんだ。。。 と言いたくなるほど 暑かったのに。。。 先週末から グンッという音が 聞こえてきそうなほど 気温が下がった。 どんなに暑くても 季節は少しずつ移り変わっている そんなことも感じては…

現実から逃げたい時

シダの葉 現実から逃げたい時 とってもくだらない妄想だけど。。。 私が時々考えることがある 南の島に移住して 大して美味しくもなければ まずくもない サンドイッチ屋さんを開いて 暮らしていくこと そして、空いた時間は 好きな音楽や写真を 家族や友人と…

なるようにしかならない

ブラシの木 なるようにしかならない 不安って どうなるか分からない事 どうなるか分からないけど いい事はなさそうな気がすること 悪い事しか起きそうな気がすること どうなるか分からないのに いい事はない 悪い事しか起きない と心のどこかで決めている。 …

乗り越える

ジニア 乗り越える 乗り越えるとは 逆境なんかを跳ね返して 何かを成し遂げたり 成功すること 負けない自分であること 立派な自分であることだと ずっと思ってきたけど、 今生きている それだけで たくさんの事を 乗り越えてきた 乗り越えたから 今この瞬間…

私の一番の理解者

ザクロ 私の一番の理解者 私はダメな人 私は失敗する人 だから ダメじゃないよう 失敗しないよう 注意して 工夫して 失敗を恐れて。。。 そうやって生きてきたと思う でも、生きていたら キチンとこなしたとしても 今の私では到底思いつかない事だったり 分…

決められない時

しずく 決められない時 今朝の天気予報で 雨は降りそうになかったのに 午前中、結構雨が降った。 近頃の天気予報は正確で 外れることはあまりないので こんなこともあるんだな。。。と 少し驚いた。 YESかNOか 早く決めないといけないのに なかなか決められ…

同じように見えても全く違う季節

ノカンゾウ 同じように見えてもまったく違う季節 昨年の9月の半ば キレイに咲いていたノカンゾウ 先週の週末 同じ場所を訪れてみると 花はすでに枯れてしまって 葉は風になぎ倒され 昨年の様子とは全く違っていた。 今年はどんな風に撮れるのかしら? と楽し…

それでも季節は流れている

栗 それでも季節は流れている やっと猛暑が過ぎていった。 と思ったのもつかの間。。。 ここ数日、またまた猛烈に暑い。 それでも梅雨明け間もない 真夏の雰囲気とは何となく違う これからどんどん盛りに向かう 力強さはなくなって 日中でも強烈な西日の雰囲…

怨霊はつづく。。。

青紅葉 怨霊はつづく。。。 今日目が覚める直前に イヤな夢を見た 数字の書いた紙切れをもった 知らない女性が 数字を読み上げ 「コレはあなたのモノか?」と 尋ねる なぜだかそれは私のモノで なんとなく嫌な予感がして 私は恐る恐る「はい」と答える する…

怨霊ですね♫

雲に透ける太陽 怨霊ですね♫ 今日目が覚める直前に イヤな夢を見た 数字の書いた紙切れをもった 知らない女性が 数字を読み上げ 「コレはあなたのモノか?」と 尋ねる なぜだかそれは私のモノで なんとなく嫌な予感がして 私は恐る恐る「はい」と答える する…

人の期待に応える

ペンタス 人の期待に応える 人の期待に応える 人の役に立つ 人を喜ばせる その言葉を聞くとなぜだか気が重い 期待に応えたくない 役に立ちたくない 喜ばせたくない と思っているわけではないのに。。。 そもそも私にとっての 人の期待に応える 人の役に立つ …

狭くて広いどうぶつえん

エサをもらってうれしそうなゾウさん 狭くて広いどうぶつえん 動物園に行ったのは何年振りかな。。。 10以上前に花見に訪れたけど 動物を見た記憶がない。。。 子供の頃は何度も訪れた動物園 とっても広い敷地に たくさんの動物たちがいる という印象だった…

夏の終わり

アメリカデイゴ 夏の終わり ただただ暑い。。。 その言葉しか思い浮かばないほどの 暑さが過ぎ去ったみたい まだまだ暑いけど 日差しも優しく柔らかくなった 目に映る風景が どれも優しく輝いて見えて 心が躍る。 夏バテで 身体はだるく 近頃は心も訳もなく…

当たり前の風景

街の灯り 当たり前の風景 人もいて 車も動いていて 街灯もそれなりについていて 夜は決して暗闇の世界ではないけど 街も人も完全に眠っている静かな 私の住む田舎町 人がたくさんいて 車もたくさん動いていて 遠くには色とりどりの街の灯り 大きな通りはオレ…

覚えている人は生きている

蒲の穂 覚えている人は生きている 蒲の穂を見ると思い出す 子供の頃祖母が話してくれた 因幡の白兎 話の内容は サメにかじられたウサギが 蒲の簿で傷を癒した そんな場面があったような。。。 というくらい ちっとも覚えていない でも 祖母が昔話を話してく…

いろんな人がいてくれる

雨粒 いろんな人がいてくれる 私は完璧とは程遠いから 他の人がいてくれる おっちょこちょいだから 落ち着いた人がいてくれて すぐパニくるから 冷静な人がいてくれて 消極的だから 積極的な人がいてくれて のんびりしすぎているから テキパキしている人がい…

私はわたしという鎧を着て生きている

丸い葉っぱ 私はわたしという鎧を着て生きている あるお坊さんの言葉 私という存在がいなくなってくれた方が 命は生き生きとし、 本来持っている力も発揮できる 私という存在がいなくなる というのは 私が生きていない方がいい という意味ではなく 無我の境…

私が感じた美しさとカメラがとらえた美しさ

花火 私が感じた美しさとカメラがとらえた美しさ 花火が揚がるほんの 一瞬をとどめる写真 一瞬で消えていくから 花火美しい こうやって 永遠にとどまっている美しさと 私が一瞬一瞬に感じた美しさは ちょっと違う それでも 捉えきれないものを 捉えたい つか…

忘れる

オニユリ 忘れる 楽しかった事も そうじゃなかった事も 気になっていることも 心配なことも そうじゃないことも なるべく忘れるようにしている 楽しかったこと 心配なことなんかはやっぱり ちょこちょこと頭に浮かんでくるけど それでも一旦忘れるようにして…

見えている通りとは限らない

八重のムクゲ 見えている通りとは限らない 笑顔の下に悲しみが 悔しさが いらだちが 隠れている 笑っている人が幸せと限らない 人は見えている通りとは限らない でも、できれば 掛け値なしで シンプルに 子供のように 心から楽しいから笑っている そうありた…

夏の音

カエル寺如意輪密寺の風鈴 夏の音 風に揺れて キラキラとした 音色を奏でる風鈴 鳴り響くセミの声 生い茂る青紅葉が作り出す 光と影 木陰の風鈴 愛らしいカエルたち 傘を差したカエル ほほ杖をつくカエル いろんな人の いろんな願いが風鈴の音色や カエルの…